暖をとる:被災者の方に届いて!

東北地方太平洋沖地震による被害に遭われた皆様へ
心より深くお見舞いを申し上げます。

何かできないかという思いと何もできないというジレンマの中、アトリエ編集部さんが被災者の方々へのハンドメイドのレシピとして役立つをものをと「手縫いで作れる布ナプキン」を配信されておられます。私もと思い、その場であるものを想定して簡単な座布団のようなものを考えてみました。もうこんなことはされているかもとも思いますが、気温も低く暖房も行きわたらない中でお寒い思いをされていらっしゃる方に届けば嬉しく思います。

お辛い思いをされていらっしゃる方に少しでも早く笑顔が戻り、
復興の兆しへと導かれますことを心よりお祈りいたしております。

e0086864_22221198.jpg
e0086864_22221886.jpg


梱包材(プチプチ)にダンボール・新聞紙を巻きこんで使います。
空気を含む方が身体に当たる方が暖かいように思います。

セロテープやガムテープがあれば裏側で接着してくださると、より使いやすいと思いますが、なくてもサンドしたものにこのままお座りいただいても大丈夫です。
またお湯を入れたペットボトルや、お湯で温めたハンドタオルを巻き込むとカイロ代わりにもなります。
ハンドタオルはビニール袋などに入れ水分が出ないよう注意してお使いください。

*ペットボトルの代わりにシャンプーや台所洗剤の容器なども使えます。








ピンクは癒しの色です。12日の気の進まない研究会でしたが、どなたかをひとりでも元気づけられる花であればと、生け込みました。あしらいのつぼみもリズミカルにデザインしました。
e0086864_22224841.jpg

[PR]
by tablemei2 | 2011-03-16 21:41 | remake
<< 3月の研究会 プリザーブドフラワー & ハン... >>