花時間 夏号

e0086864_285474.jpg

e0086864_285695.jpg


一週間お疲れ様です。
画像は、花時間で取り上げられている小原流いけばなの一頁です。カキツバタと枝暖竹の間に滝の水が落ち、跳ね上がっているようにも見えるラインと色合いに魅せらます。
想像を誘ういけばなは芸術だと、素晴らしい編集の中、「落語にはまっているお家元は、心を打つ絶妙な間がいけばなと同じ‥‥」だと言っておられます。私は、この画像もテーブルコーディネート空間作りのように感じてしまいます*
好きなものに置き換え見える花です。


また、日曜日は大安で、初孫に恵まれ内祝いをされる友人宅にお花をいけてきました。リビングと客間と玄関に収まるよう、南天、オンシジウム、透かし百合 旭ハラン、トルコギキョウ2色(淡いピンクとパープル)
そうめんのツユ入れに小さなアレンジメントを3つ作りました。テーブルやお膳
に好きな数で飾れ、移動もできるよう高さも低めのお花です。
南天は、捌くとレザーファンのようにカバーリングも兼ねます。画像がありませんが、イメージしてみてください。
[PR]
by tablemei2 | 2014-06-22 00:56 | flower | Comments(2)
Commented by puriza0322 at 2014-06-22 09:05
おはようございます(⌒▽⌒)
ステキな空間ですね
心奪われる瞬間ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
物静かなこの空間を言葉いらずで閉めたいと思います水の後とし無の息です
ありがとうございます
Commented by tablemei2 at 2014-06-22 21:13
purizaさん
こんばんは♪
いけ主はお若いお家元で息子と同じ年なんですよ、気さくでお話しもしやしい方です。
造形分野でも頑張っておられます(*^^*)
<< ドラセナをデイジーパンチング! デイジーパンチングでCandl... >>