ハラン デザイン作品 ”こぼれだす"は。。。

e0086864_07113.jpg


e0086864_010283.jpg

今回はNFDデッサン公募でもれてしまったダリアのデザインをハランのラウンドに置き換えイメージを膨らませました。
その前に器の説明をします。実はこの作品に使うのは4度目で、毎回見てくれている人はすぐわかるはずですが、1度目は小原流「マイ イケバナ」でベタを泳がせました。2度目は、生卵を黄身と白身に分けてアレンジし器を2個使いしました。
3度目はグランキューブでの”Marine Fantasy"で、ベタを入れたビーカー型のガラス器と2重使いにしました。
4度目で、このようなのがどうしてもしたかったデザインでグラスの逆さま使いがやっとできました

パンチは、デッサン公募の後に生まれましたが、10月に入って大きな谷渡りをお稽古で使いそれをパンチし遊んだのが始まりで、ハロウィンのアレンジメントの赤ドラセナを抜きワックスフラワーとリンクさせたり、ポトスをパンチしたり、ランチョンマットにアレンジしたり。。。

<追記>
今回ハラン50枚を使いました。春は新芽が出る頃でたくさんは出回らない時期でした。先生もご苦労されて何軒も探してくださいました。本当にありがとうございました。結局隣町の花屋さんのお陰で搬入日の朝ゲットできましたが、やはり大きな葉っぱは先が痛んでいて、パンチの刃も通りにくく扱い難い気がしました。
それから、困ったことにグラスを逆さまに伏せたことでガラスが曇るので、それは眼鏡クリーナーで何とか難を逃れました。
一番困ったのは、フォームを1輪のバラの角度を保持できるよう切り出すことでした。作品ができたと思ってからもバランスが悪く時間を要してしまいました。正面から見て花の死角に入るぎりぎりのサイズを白いフォームで作り直しての会場本番となりました。


お花になりたがっている葉っぱにはたくさん出会いました。

その他にもあるので、後でリンクを貼っておきます。
こちら→


また反省も多く、パンチの大小のパターンをもっと立体的に活かしたかったということ。
今回は無秩序だったし、ハランの葉の向き(両側の分量の違い)ももっと研究したいです。
結構アバウトにアレンジしてしまいました(汗;


woman.exciteさんのパンとお菓子のレシピポータルKitchen


みんなで作る手芸やハンドメイド作品、雑貨の作り方ポータル♪アトリエ♪
あなたもマイページを作ったりレシピを投稿できます!


倶楽部”お花をいっしょに楽しみま専科”にあなたが飾ったお花やお庭のお写真、お気軽に投稿くださいね、お待ちしております★


<追記>4月13日

ハランのパンチの作品  「こぼれだす」のコンセプトを色々考えながら参りましたが、やはりコンセプトがないのが今回の作品のコンセプトのようです。
パンチが雫に見えた方、悲しい涙に見えた方、嬉しい涙に見えた方、ほとばしる汗に見えた方、レース模様に見えた方 プリントのお花に見えた方 どれに見えたとしてもこぼれだし足元のバラに影のように形として返る。 逆さまの器の意味も見る方の感性で、どのようにも見えたはず。。。何も強制はなく見る方の感じるままに、溢れだすその方の感性に気づいて下さるその瞬間が、まさしくこぼれだすのコンセプト・・・。


今回の震災に重ね合わせた方もいらっしゃるでしょうし、もっとハピーなカワイイ妖精を感じて下さった方もいるでしょう。


何かを感じてもらえたり、感動してもらえる作品作りをこれからも心がけたいと思います。




お忙しい中、お運びくださった方さまに、待ち時間でこんなものを用意しました。
前日パンチしたハランのポジをチャックポリ袋に入れ、マスキングテープのお花を添えてお渡ししました。間に合わず差し上げられなった方はごめんなさい。
e0086864_0123673.jpg
e0086864_0124852.jpg

こちらは、パン教室の先生が焼き菓子を持参くださいました。
次男も食べられるようにと、黒ゴマロールです。
お気遣いありがとうございました。
手作りなので、紹介させていただきました。
[PR]
by tablemei2 | 2011-04-12 01:11 | おやつ花
<< マスキングテープの色々な使い方... 第7回関西地区合同作品展  「... >>